2017年12月11日
  • 「トリートメント」で髪の傷みはキレイに治っていますか?治ってないですよね・・・?トリートメントの疑問、髪のお悩みのご相談は、完全マンツーマンの貸切美容室へ。まずは「MENU」をクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンプーで、意外と軽視されがちな大事なこと。

みなさんは毎日のようにシャンプーをすると思いますが、

 

どのシャンプー剤を使うか?

 

が重要で、大事なことだと思っていませんか?

 

 

 

 

もちろんそれも大事なんですが、

 

一番大事なのは、

 

どうやって洗うか?

 

 

 

どんなに高級で、髪に良い成分がたくさん入ってるシャンプーを使おうが、

使い方を間違えれば効果は十分に出ません。

 

まあ、

シャンプーに高級な髪に良い成分を入れようが、すぐ流すので、どっちにしてもあまり意味はありませんけどね(笑)

 

 

 

 

 

◯◯を、テキトーに済ます人が多い!

 

 

 

 

シャンプーの基本的なやり方は、

 

  1. お湯で流す(シャンプー前の流し)
  2. シャンプー剤を使って洗う
  3. お湯で流す(シャンプー後の流し)

 

 

 

きっと多くの方が、「シャンプー剤を使って洗う」ことを念入りにしたり、

ここで汚れの落ち具合が変わってくると思ってるみたいですが、

 

 

 

 

シャンプー剤で洗うときは、

きめ細かい泡がしっかり立って、全体的に馴染めばそれでOK!

 

 

 

 

美容室みたいに、ゴシゴシ力強く洗う必要はそこまでありません😝

あれはただ「気持ち良い」だけ(笑)

 

 

 

実は、

 

「お湯で流す」ことが、髪を洗う上で一番大事で念入りにして欲しいところなんです!

 

 

 

 

 

 

わかった!じゃあ今日からシャンプー後の流しをしっかりして、泡が残らないように気をつけよう!

 

 

 

と、これを読んでるあなたはおそらくそう思ったでしょうが…

 

 

「シャンプー後」の流しよりも「シャンプー前」の流しをしっかりしてください!

 

 

 

 

 

 

 

シャンプー前の流しを念入りにしたほうがいい理由。

 

 

 

「髪を濡らす程度」

にしか、シャンプー前の流しをしない方が多いかもしれませんが、

 

ここを念入りにするかどうかで、

汚れの落ち具合、シャンプー剤の泡立ちやすさが大幅に変わります!

 

 

 

その理由は、

 

髪の汚れの多くは「シャンプー前の流し」で落ちるから。

 

 

 

空気中のホコリ、チリ、余分な皮脂などは、

「お湯」でも割と落ちてくれますし、

 

逆にテキトーに流してそれらが残ってる状態で、シャンプー剤を付けても泡立ちにくいので、

多くのシャンプー剤を使うことにもなり効率が悪いです。

 

 

 

シャンプー剤で髪や頭皮の汚れを全て落とすのではなく、

お湯でも流しきれなかった汚れを、シャンプー剤で落とす。

という考え方です。

 

 

明日からでもできることなので、

シャンプー前の流しを念入りにして(2分くらい流す気持ちで)

シャンプー剤をつける前に、しっかり汚れを落としていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプー前にしっかり流した後は、こちらのシャンプーがオススメです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 







髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU