2018年10月22日
  • 「トリートメント」で髪の傷みはキレイに治っていますか?治ってないですよね・・・?トリートメントの疑問、髪のお悩みのご相談は、完全マンツーマンの貸切美容室へ。まずは「MENU」をクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

話しかけない美容師?

こんにちは!

 

 

福岡市東区 若宮にある、

 

・小さい子どもを連れて美容室に行きたい方。
・スタッフや他のお客さんが多い、大きい美容室が苦手な方。

 

のための、「貸切美容室」

 

HAIR PLAYCE  ARCO (ヘアープレイスアルコ)

 

 

 

大事にしたいのは、お客さんと髪とそれから家族…

 

その真っ直ぐな想いはちょいと重ため…(笑)

 

「パパ美容師 」の、岡部 司 (オカベ ツカサ) です。

 

 

みなさん、「ツカサ」って呼んでくださいね〜(≧∇≦)

 

 

 

 

 

 

先日、いつも来てくれるお客さんから言われました。

 

 

 

 

そのお客さんの娘さんも来てくれてるんですが、

 

 

「こないだ娘が、岡部さんはしつこく話しかけて来ないから良いって言ってました♪」

 

 

と、どうやらARCOや僕を気に入ってくれてるようです(//∇//)

 

 

 

 

 

そのお客さんとは、施術中ずっと話してるんですけどね(笑)

 

 

 

 

 

娘さんの他にも、

 

ARCOには、

 

施術中、ほとんど会話をしないお客さん

 

がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

そりゃもう、BGMがいつも以上に大きく聞こえるような、静かな空間ですよ(≧∀≦)

 

 

 

多分僕のことも、

「寡黙な人」だと思ってるかもしれません(≧∀≦)

 

 

 

 

でも、

それでもずーっと来てくれるお客さんばかりです(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

僕たち理美容師の間では、

「お客さんと会話をしないといけない」

っていう雰囲気が、まだ残ってるように思います。

 

 

 

もともと話が特別上手じゃない僕は、

「お客さんに話しかけろ」

「黙って仕事するな」

って言われてきました。

 

 

 

でも、

上手いこと話そうとすればするほど、

何を話していいかわからず、逆に話せなくなっていました。

 

 

 

 

 

 

僕は当時、

「会話」で相当悩みました。

美容師に向いてないんじゃないかとも思いました。

 

 

 

 

 

 

 

しかしある時思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ、漫談家や落語家じゃねーし(≧∀≦)

 

 

 

 

 

 

漫談家でも、落語家でもないのに、

話すことで何でそんなに悩んどーと?

 

 

 

 

 

 

そう思った僕は、

無理に話しかけることを辞めました。

 

 

 

 

 

「会話」は、お客さんやその場の雰囲気に委ねることにしました(笑)

 

 

 

 

 

お客さんが話したいことがあればしっかり聞くし、

お客さんと会話が盛り上がれば僕もしっかり話すし、

お客さんが話したくない時は寡黙に仕事するし。

 

 

 

 

お客さんも、僕も、

変に気を使わなくたって良いんじゃない?

 

 

 

 

 

お客さんにとって、どんな雰囲気が落ち着くのか?

どう過ごすことが一番リラックスできるのか?

 

 

 

そう考えたら、

無理に話しかける必要もないんですよね(^_−)−☆

 

 

 

 

 

 

 

「元・会話が苦手な美容師」の戯言でした(≧∀≦)

 

 

 







髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU