2017年9月23日
  • 「小さい子どもがいてなかなか美容室に行けない…」「スタッフや他のお客さんが多い、大型店が苦手…」とお悩みの方のための、完全マンツーマンのプライベートサロン。まずは「MENU」をクリック!

白髪染めを、いつもより明るくしたい。

春になると、

 

「ヘアスタイル変えてみようかな〜」

 

「カラーをいつもより明るくしてみようかな〜」

 

 

って気分になりませんか?

 

 

 

 

僕も、久しぶりに染めてみようかな…なんて、考えてます😁

 

 

 

 

最近、「市販のカラーで毎回毛先まで白髪染め」をしてたお客さんから、

 

 

「今の毛先より明るくしたい!」

 

と相談されました。

 

 

 

 

おそらくですが、

 

「明るめに染まる白髪染め」を使えば、毛先が簡単に明るくなると思ってたようです。

 

 

見えづらいですが(笑)

白髪染め用のカラー剤も、数字が大きくなるにつれ、仕上がりが明るくなります。

 

だったら、

「9レベルか10レベルのカラー剤で染めれば良いじゃん」

って、今まで暗く染めてきた毛先をそれで染めると…

 

 

 

 

見本のようには、毛先が明るくならないんです…😥

 

 

 

 

理由は、

 

その見本は、「全く染めてない毛(新生毛)」を染めた時の仕上がりだから。

 

 

 

新しく伸びてきた根元とか、

初めて毛先まで染める場合はその見本の仕上がりに近づきますが、

 

 

黒染めをした毛先や、今まで暗めに白髪染めを繰り返した毛先というのは、

新生毛と色や明るさは似てても、ただ「人工の色素」が髪の中に入ってる状態。

 

 

全く別物なので、

染まり方が全然違うんですよね。

 

 

 

だから、市販の白髪染めで暗くなった毛先を明るくする場合、

「脱染剤」や「脱色剤」というものを使っていきます。

もちろん、ダメージは大きくなりますけど…

 

 

 

 

なのでみなさん、

 

毛先ダメージをできるだけ抑えたい時、気分によって明るさを変えるときがある場合は、

絶対に市販のカラー剤で染めず、相談してください!

 

 

 







髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU