2017年12月11日
  • 「トリートメント」で髪の傷みはキレイに治っていますか?治ってないですよね・・・?トリートメントの疑問、髪のお悩みのご相談は、完全マンツーマンの貸切美容室へ。まずは「MENU」をクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアカラーして1ヶ月経つと、なんで明るくなるの?

先日、いつも来てくれるオシャレ男子のお客さんから、

 

 

お客さん
毛先までカラーしても1ヶ月くらい経つと明るくなるんですが…。

 

 

と聞かれました。

 

 

岡部
カラーの色素はだんだん出ていくので、1ヶ月経つと染めた直後より明るくなることが多いですね。

 

 

と答え、

 

 

岡部
なので今回は1ヶ月経っても明るく感じにくいように色と明るさを調整しますね!

 

 

と提案をしました。

 

 

 

 

 

 

染めて1ヶ月経つと、明るくなります!

 

 

 

みなさんも経験あるでしょうが、

デニムを洗濯しすぎると「色あせ」しますよね?

 

それと同じと思ってもらった方がわかりやすい…

 

 

 

 

 

 

 

……じゃなくて、ちゃんと説明します(笑)

 

 

 

 

 

 

ヘアカラーは、「脱色」しながら「発色」させています!

 

どういうことかというと…

 

黒い状態の毛束が、カラー剤に入っている「脱色剤」によって脱色(ブリーチ)されます。

 

明るさや希望の色によって脱色の度合いは変わり、

明るい色ほど脱色剤が多く入っています。

 

最近流行りの「アッシュ」「グレー」などは、脱色をしっかりして髪を「薄い黄色」ぐらいまでにしないとならないので、

「脱色」を別でしないといけないんですよね😁

 

 

 

 

余談ですが、

よく、

「ブリーチをしたら傷む」

という人や美容師がいますが、

ヘアカラーでもブリーチはするので傷みます!

ブリーチ剤に比べたらダメージの度合いは違いますけどね。

 

 

 

 

 

その脱色(ブリーチ)をしながら…

 

 

「人工の色素」が入ることで希望の色に「発色」します。

(絵では茶色い点々が人工の色素です)

 

こうして髪の毛が希望の色に染まるわけです!

 

 

 

しかし、「シャンプー」をするたびに…

 

先ほど言った「デニムを洗濯」するたびに…

 

 

人工の色素がちょっとずつ出ていきますので、

「脱色しただけの状態」にちょっとずつ近づいていきます。

 

 

 

これが「退色」です!!!

 

 

 

この退色は、「オシャレ染め」「白髪染め」などの薬によっても差があるし、

色味や明るさによっても多少の違いはありますが、

どんなカラーも「退色」します。

 

 

まあ、色を変えてイメチェンしたい場合なんかは退色してくれた方がいいので、退色が必ずしも悪いわけではないんですが…😀

 

 

しかし、退色した毛先を毎回染めれば、髪はどんどん傷みますし、トリートメント等で回復することはありません!

 

 

 

 

 

退色はハッキリ言ってしょうがないことなんですが、

 

じゃあ、せめて、

退色がなるべく目立たないようにするには?

 

 

 

 

 

ARCOがお客さんに提案していることを、次回お話します!

 

 

 

 







髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU