2017年12月11日
  • 「トリートメント」で髪の傷みはキレイに治っていますか?治ってないですよね・・・?トリートメントの疑問、髪のお悩みのご相談は、完全マンツーマンの貸切美容室へ。まずは「MENU」をクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

縮毛矯正での毛先へのダメージを最小限に抑える方法。

「傷まない縮毛矯正」を繰り返すと、

 

このような最悪の事態になることも…

 

 

 

 

 

 

 

[ダメージを最小限に抑えるには?]

 

 

みなさんは「ヘアカラー」をするとき、

毛先へのダメージを最小限に抑えるためや、

毛先の色を変えずに根元だけ染めたい場合、

 

「リタッチ」で染めてもらいますよね?

 

 

※ARCOでは、カラーでの毛先へのダメージを最小限に抑えるために「リタッチ」をオススメしてます。

 

 

 

それを、

 

縮毛矯正でもやっちゃえば良いんです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の「リタッチ」とは?

 

 

 

髪が伸びると、このように、

「伸びてきたクセ」「以前伸ばした毛先」

と分かれます。

 

 

簡単に考えれば、

 

「以前伸ばした毛先」を、根元のクセと一緒に、

 

もう一度伸ばす必要がありますか?

 

 

「伸びてきたクセ」だけを狙って伸ばせば、根元から毛先までストレート毛になるので、

 

毛先を伸ばす必要なんて、実はないんですよね。

 

 

 

 

なのに、以前伸ばした毛先まで縮毛矯正をするから…

 

 

毛先にどんどんダメージが加わっていきます。

 

 

 

以前も書きましたが、

 

傷んだ髪は、何かをして治ったり回復することはない。

 

 

毛先にも縮毛矯正を繰り返すことは、

例えるなら、

治ってないケガの部分がまたケガをするようなもので、

どんどん深いケガになってしまうようなもの。

 

 

傷みが治らない毛先は、できるだけそっとしておくのが一番!

 

 

だから、必要ないことはしないほうがいいんです!

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正での毛先へのダメージを最小限に抑える方法は、

伸びてきた根元だけを伸ばして、毛先には何もしない!

 

 

 

 

ARCOではそんな「シンプルな縮毛矯正」をオススメしてます😁

 

 

 







髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU