「ブリーチ」は傷みます。「ヘアカラー」も傷みます。

最近ARCOでも、

「ブリーチ」をするお客さんが増えたような気がします。

 

  • ブリーチ+カラー(ダブルカラー)
  • ハイライト
  • インナーカラー

 

などをするときに「ブリーチ剤」を使うことが多いです。

 

 

 

しかし「ブリーチ」という言葉を聞くと、みなさん、

 

「ブリーチしたら傷みますよね?」

 

と口を揃えて言われます。

 

 

 

ヘアカラーはなんの躊躇もなくするのに、

「ブリーチ」になると急にダメージを気にする方は多いです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブリーチ」は傷んで「カラー」は傷まない?

 

 

 

まず、いきなりですが…

 

多くの方が普通にやってる「ヘアカラー」にも「ブリーチ剤」は入っていますよ!

 

 

これを言うと、多くの方がびっくりされます(笑)

 

 

 

ヘアカラーをするとなぜ髪の色が変わるのかと言うと、

 

「ブリーチ剤」で元々の色素を抜く「脱色」と、

希望の色に見せる「発色」を同時にしているから。

 

黒い髪の毛にどんな色を入れても色が見えませんが

脱色して髪が茶色や黄色になると色が見えやすくなります。

 

 

黒い画用紙に色を塗るより、白い画用紙に色を塗った方がキレイに見えるのと同じです。

 

 

ということで、

ヘアカラーでも、ブリーチでも、「脱色(ブリーチ)」はします!

 

 

もちろんヘアカラー剤のブリーチ力はそこまで強くないので、

ダメージ具合で言えば断然「ブリーチ剤」の方が強いです。

 

 

 

しかし、

「ヘアカラーは傷まないでブリーチは傷む」となると、

 

どちらもブリーチ剤が入っているのにヘアカラーだけが傷まないと言うのは、おかしなことになってしまいますよね😁

 

 

 

 

 

 

2つとも「ブリーチ剤」が入っているのに、ヘアカラー剤だけは傷まないと言われる理由。

 

 

もちろんブリーチのパワーの差で、ヘアカラーの方が傷まないように感じることもあるかもしれませんが、

 

ブリーチだと傷んで、ヘアカラーだと傷まないと思われてる理由は…

 

 

「手触りを良く感じさせる成分」(コーティング)が、ヘアカラー剤の方には多く入っているから。

 

 

実際、ブリーチをした髪をヘアカラー剤で染めると、

ヘアカラー剤に入ってるコーティングで、ブリーチした後のギシギシ感がちょっとマシになる(笑)

(もちろん、ヘアカラーでブリーチのダメージが回復したわけではありません)

 

 

実際はヘアカラーも、

手触り以上にダメージを受けているんでしょうが、

 

どうしても手触りでダメージ具合を判断してしまうので、

手触りが悪い「ブリーチ」だけが、傷むイメージがついてしまったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

「ヘアカラー」も「ブリーチ」もダメージはありますので、

ダメージのことも考えながら、無茶をしない程度にカラーを楽しみましょうね!

 

 





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA