髪をできるだけ傷ませないためにできることとは…

みなさんこんにちは😃

 

 

 

 

朝から、お店の裏にあった「猫のフン」の処理で疲れた岡部です😅

 

 

 

何か対策をしなければ…

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで…

 

 

 

 

多くの方が、

 

 

「傷んだから、トリートメントをしてもらおう」

「傷んだから切ってください」

「傷んだから、高級シャンプーを使う」

 

 

と、

 

 

「傷んだ」と感じてから、対策を始めます。

 

 

 

まあ、そうなってしまうのはしょうがないことですし、

僕も他のことでこういうことはよくあります。

 

 

 

もちろんみなさんもわかってるとは思いますが、

 

事前の「予防」が大事なんですよね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「髪のダメージの予防」とは…

 

 

 

 

 

まず言っておきますが…

 

「美容室でするトリートメントメニュー」はほとんど「予防」にはなりません!

 

 

まあ、「一時的に取れない強力なコーティング」が、

ブラッシングの摩擦の軽減にはなるでしょうが…

 

 

 

 

結局トリートメントをすれば、

その強力なコーティングのせいで多少のダメージは受けてしまいます。

 

 

仮に「2週間取れないファンデーション」というものがあって、

それを使ったらお肌がどうなるか?

 

と、想像してもらったらわかると思います(笑)

 

 

 

 

 

髪の予防は、特殊なことをしないといけないわけでもなく、

美容室じゃないとできないわけでもありません。

 

 

 

余計なことや必要以上のことをしないことと、基本的なお手入れ。

 

それだけで、ダメージを最小限に抑えたり、ダメージさせすぎないための「予防」になるです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お家で市販のカラーで染めない。

 

 

 

 

いろんなお客さんの髪を見て思うのが、

 

お家で自分で染めた人は、絶対毛先がひどく傷んでる。

 

ということ。

 

 

 

もちろん美容室のカラーでもある程度のダメージはありますが、

市販のカラーのダメージは、僕たち美容師が触ってわかるくらいひどく傷みます。

 

 

市販のカラーで傷ませない方法や、

市販のカラーで傷んだ髪をどうキレイにするか?より、

 

「市販のカラーをしない」ことが一番の予防です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘアケアを「し過ぎない」

 

 

 

 

 

これは以前ブログでも書いたのですが、

 

 

 

 

 

加えて、

 

ネットで得た知識を自分なりにアレンジしてヘアケアをしたり、

いろんな方法をミックスしたりと、

 

やればやるほど、逆効果になることもあります。

 

 

 

 

やり過ぎず、ほどほどにヘアケアをすることも、立派な「予防」です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の基本的なお手入れが、最大の予防。

 

 

 

どんなに良いトリートメントをしようが、

どんなに高価なヘアケア商品を使おうが、

 

毎日の基本的なお手入れがキチンとできなければ意味がありません。

 

 

何事もそうですが、

「基本が大事」

「毎日の積み重ねに勝るものなし」

 

 

逆にこれができないと、ダメージの予防、ダメージを改善することは難しいでしょうね。

 

 

 

 

 

その「基本的なお手入れ」は…

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりコレなんだわ〜 ☺

(お家でのシャンプーととトリートメント)

 

 

 

 

 

 

コレをキチンとすることが、

僕がみなさんに一番オススメする、「最大の予防」です!

Facebookページでの発信、お知らせもしています
まだARCOを知らない方、ARCOを必要としてる方のためにも、 いいね👍やレビューで、あなたのご感想をいただけると大変嬉しいです!
ご協力、よろしくお願いします。






☆「Instagram」も更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩みのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)






ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




まだお会いしてない「未来のお客さん」へ・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA