ARCOのカラーは「染める」だけじゃない!

みなさんこんにちは😃

 

 

 

 

 

家の洗濯機の調子が悪く、買い替えを検討している岡部です😂

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

前回の記事の続きですが…

 

 

 

ARCOでは、お客さんの髪を染める時、

 

・ダメージをできるだけ抑えるような染め方の工夫。

・カラー直後にダメージの原因となるものをしっかり分解する。

 

 

という、「ヘアカラーで受けるダメージへの対策」「なるべくダメージを抑える工夫」をしています。

 

 

 

 

 

ただ単に、希望の色に染めてるわけではないんですよ…😆

 

 

 

 

 

 

 

[「無駄なダメージ」をできるだけ無くす]

 

 

 

しつこいですが、

ヘアカラーをすると必ず「ダメージ」は受けます(笑)

 

 

だから染めるにはある程度の「ダメージ」は覚悟しないといけません。

 

どれだけ明るく染めるか、染める方法によって、その度合いは変わりますが。

 

 

 

 

 

しかし逆に、

 

染めなければダメージを受けることはありません。

 

 

 

 

ナニ当たり前のこと言ってんだ?と思ったかもしれませんが、

 

 

 

意外にこの当たり前のことができてなく、

「無駄なダメージ」を毛先に与えてしまってることも多いんです…

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは美容室で髪を染める時、

「リタッチ」

という染め方でしてもらうことはありますか?

 

 

多くの方が「リタッチ」を知ってるとは思いますが、

 

伸びてきた「根元」を毛先の色や明るさに合わせるように染める方法。

を「リタッチ」と言います。

 

 

 

なので、

髪の根元にだけカラー剤を付けるので、毛先にはカラー剤がつくことがありません。

 

 

 

 

 

ということは…

 

 

 

 

ダメージを受けている毛先にダメージを与えることがほぼなく、

髪への負担を最小限に抑えることができます!

 

 

 

 

 

これが「リタッチ」の最大のメリットであり、

髪のダメージを最小限に抑えることを大事に考える、ARCOがオススメする染め方です。

 

 

 

 

 

よく、

 

「いつもと同じ明るさと色で良いけど、せっかくだから毛先にもカラーを塗ってもらおう♪」

「ここの美容室はリタッチでも全体染めても値段変わらないから、毛先まで染めてももらっとこう♪」

 

と思う方がいたり、

 

 

 

 

意外にも、

 

「毛先まで染めた方が追加料金もらえるから、特に必要ではないけど毛先まで染めさせてもらおう」

「カラー剤に手触りを良くする成分も入っているから、ついでに毛先にも塗ってサラサラにしておこう」

 

 

という美容師がいたり、

 

 

 

お家で自分で染める時、なんとなく毛先まで一緒に染めている方

もいらっしゃるようですが、

 

 

 

 

その「毛先への塗布」って、ホントに必要ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな「必要のない塗布」によって、

 

無駄なダメージを与えてしまっています!

 

 

 

 

 

ちょっと考え方を変えるだけでも、

「美容室でするトリートメント」より効果もある、

「傷んでる毛先への対策」ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなったので、次回に続く…





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA