ショートから伸ばしていくために…

こんにちは!

ボブ専門美容師「ボブクリエーター」の岡部ツカサです(^ ^)

 

 

 

今日のブログを読む前に、

「ボブクリエーター」について再度お話しておきます( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

 

「ボブ」というヘアスタイルに特化し、得意とし、

また、ボブを応用した素敵なヘアスタイルを提案し、

ボブを通じて喜んでもらったり、興味を持ってもらったり、

ボブにスタイルチェンジしたい時、ボブから他のスタイルにチェンジする時にも頼ってもらえるような存在。

 

 

それが、

「ボブクリエーター」です*ˊᵕˋ)੭

 

 

 

なので、こんな提案も…

 

 

ショートから伸ばしていきたい!

 

 

現在、髪を伸ばしていくために頑張ってるお客さん、Hさん。

Hさんの娘さんもARCOのお客さんで、

前回は初めてのシャンプーに感動してくれたようです(笑)

 

 

 

実はHさん、

 

 

半年前はしっかりと軽い「ショート」だったんよね( ・ㅂ・)و ̑̑

 

 

そして去年の秋ぐらいから伸ばそうかな〜ってことになって、

こまめに毛量調整しながら、

 

 

ここまで伸びた(*-`ω´-)9

 

 

 

でもね、

伸ばしていくとだんだん…

 

重なる部分のバランスが悪くなって、まとまりにくく、扱いにくくなるんよね。

(仕事帰りに来てくれたので、仕事で被る帽子の跡でそう見えるってのもありますが)

 

 

だからそうなると、

伸ばすために要らない部分を切る。

ってことが必要になってくるんよね( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

 

そんな時は「ボブ寄せ」

 

 

 

ってことで…

 

 

 

段差がしっかりあった状態から、

その段差を少し狭めて、

「ボブ」にちょっとだけ近づけた♪

 

 

長さを切ったのは、

後頭部の真ん中の内側の髪の毛と、その少し下の部分だけ。

後は指通りと毛量の調整。

 

 

 

 

これが、「ボブクリエーター」のボブカットの応用、

 

 

「ボブ寄せ」(≧∀≦)

 

 

 

 

段差のしっかりあるショートから伸ばしていく途中、あるタイミングで「ボブ」に近づけることにより、

バランスを整えつつ、さらに伸ばしやすくなっちゃうのだ( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

場合によっては逆に、

段差を少しずつ付けてながら伸ばしていくって時もあるけどね。

 

 

 

 

せっかく頑張って伸ばしてても、

まとまらなくなったり、バランスが崩れたら、

「やっぱり切ろっかな〜」ってなるし、

せっかくなら素敵なヘアスタイルのまま伸ばしたいよね!

 

 

 

 

そして、若干の気分転換にもなるしね*ˊᵕˋ)੭

 

 

 

 

あっ、一応言っとくけど…

ほかの美容室、美容師さんに「ボブ寄せ」って言っても通じないからね

アヒャヒャヒャ(゚∀゚︎≡゚︎∀゚︎)ヒャヒャヒャ

 

 

 

 

 

実はHさん、

ずーっと前にも一度、髪を伸ばそうと思ったんだって。

その時行ってた美容室の美容師さんは、

「毛量調整だけして長さは全く切らない」って提案をしてくれてたみたいなんだけど、

やっぱり途中でギブアップしちゃったらしい。

 

 

 

それもあってか、

僕の今回の提案「伸ばすために要らない部分を切る」ってことに共感してくれた(*^o^*)

 

 

 

 

理想の長さになるまで大変なこともあるけど、

一緒に頑張っていきましょうね〜♪

 

 

 

 

そしてもし…

 

もし、仮に「切りたい!」ってなった時は…

 

 

 

 

スッキリと「ボブ」にするのもいいかもしれません∵︎ゞ(≧︎ε≦︎●︎ )プッ

 

 

 

 

Hさん、今回もありがとうございました(^_−)−☆

 

 





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA