今更ですが、ノンシリコンシャンプーというのは…

前回のブログの続きですが、

 

 

シリコン入りのシャンプーの裏の成分表示を見ても「シリコン」って書いてない!

 

 

ってことは、

 

「シリコン」って書いてないシリコン入りシャンプーを「ノンシリコンシャンプー」だと思って使ってる人も…?

 

 

 

 

 

 

 

 

これが「シリコン」だ!

 

 

 

もともと「シリコン」とは成分の名前ではなく、

ある同じ性質を持った成分の「総称」なんです。(超簡単に言うと)

 

 

例えるなら、

 

「シャンプー」「ボディーソープ」「ハンドソープ」の総称は「洗剤」って感じ(?)

 

 

 

だからシャンプーの裏の成分表示には、総称である「シリコン」とは書いてないんです!

 

 

 

代表的なシリコンの成分はと言うと…

 

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シロキ
  • シリカ

などなど…

 

 

まあ、一般の人でこの成分を見て「シリコン」と気付く人は少ないはず😅

 

 

 

なので、

 

シャンプーにこれらの「シリコン系」の成分が入っていなければ、

「ノンシリコンシャンプー」と呼んでもおかしくはないわけです。

 

 

 

 

 

シリコン系の成分が入ってないけど…

 

 

しかし、ノンシリコンシャンプーなのにシリコン入りのシャンプーのような仕上がりになるシャンプーもあるんです。

 

 

そもそもシリコンは、

手触りを良く感じさせるものの「1つ」

であって、

 

手触りを良く感じさせる成分なんて、他にも色々あります。

 

 

なので、

ノンシリコンシャンプーだから大丈夫というわけでもなく、

 

大事なのは、

シャンプーに髪の手触りを良く感じさせる成分が入っていないかどうか?

ということです!

 

 

 

ノンシリコンシャンプーというより「ノンコーティングシャンプー」って感じです(笑)

 

 

 

ぶっちゃけ、使ってみないとなんとも言えない…

 

 

要は、

シャンプーを流した直後に髪が妙にツルツルになるかどうか?

での判断になるんじゃないかと、僕は思います。

 

 

髪に良い成分が入ってるシャンプーを使えば、回復してツルツルになることもないし、

結局、何かの成分が髪に付いてコーティングをしているからツルツルになるんです。

 

 

まあこれも、

シャンプーとトリートメントの「本来の目的」を考えれば、

 

シリコンのような「手触りを良く感じさせる成分」がどこで必要かっていうのがわかるかもしれないし、

シリコンが絶対悪いものでもないということもわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

……だんだん難しい話になってきそうなので、最後に一言…

 

 

 

 

 

 

コレが良いんじゃない?

 

 





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA