白髪が出てきたら「白髪染め」?

先日、いつも来てくれてるお客さんから相談されました。

 

 

「こないだ白髪発見して…、もう白髪染めでしないといけなくなってるんですかね…?」

 

(イメージ)

 

 

いつも髪を少し明るく染めてるそのお客さん。

 

その様子はどこか寂しそうで、

「白髪染め」にちょっと抵抗がある様子。

 

 

 

どうも一般的には、

「白髪」「白髪染め」ってあんまりいいイメージじゃないみたいなんよね(;゚∀゚︎)

 

 

そんで黒髪を明るく染めたりする「オシャレ染め」ってのは、

「若さ」「オシャレ」「華やか」と、

割といいイメージらしい( ̄∇ ̄)

 

 

 

 

どっちも同じ、

「髪を染めて色や明るさを変えること」なのにね。

 

 

 

もう「ヘアカラー」でいいんじゃね?

 

 

「髪を染めて色や明るさを変える」ことなのに、

「オシャレ染め」「白髪染め」

って分けるからおかしなことになるんじゃないかなぁ…

 

 

白髪も染めながらオシャレにだってできる。

むしろ白髪があるからこそできるオシャレだってある。

そもそも、白髪を染めることだって立派なオシャレ。

 

 

もうきっと、

黒髪だろうが白髪だろうが、

「髪を染める」こと自体が「オシャレになる一つの方法」なんよ。

 

 

 

もう、

「ヘアカラー」でいいじゃん*ˊᵕˋ)੭

 

 

 

もし、白髪が気になったら?

 

 

とはいえ、

やっぱり白髪があったら気になるもの。

 

まあ、黒髪でも根元が伸びてきたら気になるけど、

どっちにしても、

そのまんまってわけにもいかない時もあるよね。

 

 

 

じゃあやっぱり「染めないと!」ってなるけど、

白髪の対策って「白髪染め」だけじゃなくてね。

 

 

黒髪を明るくしながら白髪を目立たなくしたり、

部分的にわざと明るくしてオシャレに見せたり、(ハイライト等)

逆に白髪の部分を他よりわざと暗く染めることもできたり、(ローライト等)

 

 

 

 

実はいろいろあるんよね。

 

 

 

もちろん「白髪を真っ黒に染める」のも立派な対策だし、

否定するつもりもありません。

 

 

でも、

「白髪染めしなきゃな…」って思いながら染めるのと、

「髪を染めてオシャレになりたい!」って思いながら染めるのと、

あなただったらどっちがいいですか?

 

 

 

大事なのは、

あなたが「どうなりたいのか?」

 

 

そのためにはいろんな方法があるから、

僕に相談してくださいね(^_−)−☆

 





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA