くせ毛とパーマの融合。

 

パーマって、

 

 

直毛の人のためのメニュー?

 

 

 

 

こんにちは!

ゲストの約8割はボブとショート!

 

「ボブクリエーター」の

岡部ツカサです( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

くせ毛にパーマ。

 

 

このタイトルを見て、中には、

「必要ないやろ〜!」

って思う人もいると思う。

 

 

 

 

でもね、「くせ毛」って必ずしも、

 

その人の都合に合わせてクルンってなったりウネったりしてるわけじゃないんよね( ・∇・)

 

 

 

その、

「人間の都合と関係なくクルンってなったりウネったりするくせ毛」を、

生かせるようなヘアスタイルができる時もあるけど、

時にはそのクセが無いほうがよりステキになることだってあって、

そういう時はストレートパーマをしてクセを伸ばすこともあるけど、

 

 

時には、

「もうちょっとココが曲がってくれたらな…」

「むしろもうちょっとカールやウェーブがあったほうがいい!」

ってこともあるんです。

 

 

 

「人間の都合とは関係ないクセ」に、

「人間の都合に合わせてパーマでクセをつける」

 

 

 

それでよりステキなヘアスタイルになったり、

その人がお家でさらに扱いやすくなるなら、

 

「くせ毛にパーマ」も全然アリ♪︎♪︎(*´▽︎`*)ノ゙

 

 

 

 

って事で…

 

 

 

 

元々くせ毛だけど、

今はパーマもプラスしてよりカッコよくなってる今日のゲスト、

 

イケメンパーソナルトレーナーで、

元ラグビー部のマッスルボディーのYくん(≧∀≦)

(…の、前回の仕上がり(≧∀≦))

 

 

 

 

前回はカットだけして、

まだ残ってるパーマをジェルでクシャッと出したんだけど、

 

 

 

今回はカットのメンテナンスをし、

元々のくせ毛がさらに扱いやすく、カッコよくなるようにパーマをプラス!

 

 

 

 

 

 

パーマとカットの後、

今日はフワッと柔らかく感じるようにハードワックスを付けたら…

 

 

 

 

 

 

 

あぁ〜∑(゚Д゚)

 

 

 

 

分厚い胸板にピントが合っちゃった〜∵︎ゞ(≧︎ε≦︎●︎ )プッ

 

 

 

 

 

 

って事で、真面目に撮り直して…

 

 

 

 

 

くせ毛とパーマの融合!

「フリームーブ ツーブロック」の完成 d(≧︎▽︎≦︎*d)

 

 

 

 

周りはしっかり刈り上げることで、

無造作なパーマがあっても清潔感!

 

 

 

 

 

パーマはARCOでよく登場する「エアーウェーブ」ではなく、

 

乾かすとカールやウェーブが大きく(緩く)なりやすい

コールドパーマ(いわゆる、普通のパーマ)をチョイス( ・ㅂ・)و ̑̑

 

 

 

その「乾かした時のカールやウェーブの差」がメリットになって、

ジェルでのウェットなクシャッとした感じでも、

ワックスでのくっきりふんわりパーマでも良い感じにキマります(*^^*)

 

 

 

 

 

 

Yくん)「良い感じっす!あざーす!」

 

 

 

と、

今回も気に入ってくれて、爽やかな笑顔で帰っていきました( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

 

 

以前はクセをまっすぐ伸ばしてたYくん。

 

クセを生かしながらのパーマをしてる今からしたら、

一生懸命ストレートにしてたのが嘘みたいですね(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

次回もARCOでゆっくり、

いろいろとお話ししたいですねー♪

 

 

 

 

また、待ってます(^_−)−☆

 

 

 

Facebookページでの発信、お知らせもしています
まだARCOを知らない方、ARCOを必要としてる方のためにも、 いいね👍やレビューで、あなたのご感想をいただけると大変嬉しいです!
ご協力、よろしくお願いします。






☆「Instagram」も更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩みのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)






ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




まだお会いしてない「未来のお客さん」へ・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA