ヘアカラーで傷みを気にするなら…

こんにちは!

 

福岡市東区 若宮にある、

・お子さん、ご家族の方と一緒に美容室に行きたい方。

・スタッフや他のお客さんが多い、大きい美容室が苦手な方。

のための、「貸切美容室」

HAIR PLAYCE  ARCO (ヘアープレイスアルコ)

代表の「パパ美容師」岡部 司 (オカベ ツカサ) です。

 

 

 

 

今日は昨日の質問の続きね(*^_^*)

 

昨日のブログ

カラーで髪のダメージを抑えるには?

 

 

 

で、もう一つの質問、

「それと、傷みを気にした時のオススメのカラー剤ってありますか?」

 

今日はここについて書いていきまーす!

 

 

 

傷みにくいカラー剤?

 

 

巷では、

「トリートメント成分が配合されたカラー剤を使っています」

「オーガニック成分が入っているので髪や頭皮に優しい」

って言われてるものがあったり、

それを使ってるから髪のダメージがほぼありませんよ〜♪って言ってるお店もあります。

 

 

そりゃ、僕もね、

髪を傷めず、髪の傷みをできるだけ抑えながら髪を染めることができたらどんなに良いか…

って思うことはよくあるよ。

 

 

 

でもね…

 

 

髪を染めるのに「ダメージ」は付き物!

 

 

髪を染めるのに、

薬を使って、

自毛の色素を抜いたり、髪の中の組織を一部破壊してるわけだからね(笑)

 

必要以上に傷まなくすることはできるかもしれないけど、

髪を染める以上、

ある程度のダメージは必要なんよね(^_^;)

 

 

 

体で言ったら「整形手術」みたいなもんで、

手術中や手術後は、痛みとの戦いでもあるだろうし、

体にもきっと負担はかかるだろうし、血もいっぱい出るよね。

 

でも、「なりたい顔、体」になるためには、

その痛みや負担、出血も「必要」なのものではあると思う*ˊᵕˋ)੭

 

 

 

カラー剤より、「染める理美容師」次第。

 

いくら髪への負担が少ないカラー剤で染めてもらっても、

染める理美容師さんが、髪に負担のかかる染め方をしたり、髪のダメージを考えない使い方をすれば、

必要以上にダメージを受けることはあります。

 

 

ARCOでも、初めてのお客さんが髪のダメージについて相談される時に、

時々聞くのが、

 

「傷みにくいカラー剤で染めてもらってたのに、傷んだ」

 

ってこと。

 

 

きっとその理美容師さんも、悪気があって傷ませたわけじゃないんだけどね。

 

 

「傷みにくい」っていう言葉に頼りすぎると、気がつけば無茶をしたり、髪に負担をかけてしまってて、こういう事になることもあるんです。

 

 

髪が必要以上に傷むか?

必要最低限のダメージで済むか?

 

そのために一番大事なのって、

「染める人(理美容師)」だと、

僕は思います(*^_^*)

 

 

 

自分の髪だから、大事にするのは「自分」

 

 

 

春に高校を卒業する高校生たちよ( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

もうすぐ「頭髪検査」っていう、

「自由な自己表現ができない大人」への第一歩になりかねない、意味のわからないつまらない縛りから解放されるんだ(≧∀≦)

 

 

 

中には、

どんな髪色にしようか?

パーマをかけてみようか?

ってワクワクしてる人もいるだろうな(*-`ω´-)9

 

 

 

だけど、

「新しい自分」になるためには、

「したい!」って気持ちだけじゃダメなこともあるんだ。

 

 

「ダメージ」ってものにもちゃんと向き合わないと、

「したい!」ことができなくなるし、

「新しい自分」ってのが素敵なものにならないことだってあるからね。

 

 

 

だから絶対、

僕たち理美容師に相談してほしい。

 

 

 

これまでも、

自分でブリーチして黒と黄色のムラになった人や、

自分で何度も染めて、傷みすぎてパーマがかけられなかった人もいて、

その人たちみんな残念そうな顔してた(T_T)

 

 

 

そうならないために、

「自分の髪を大事にする気持ち」はちゃんと持っていてくださいね♪︎♪︎(*´▽︎`*)ノ゙

 

 





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA