縮毛矯正は「リタッチ」すべし!

さあ今日もやって参りました、

「前回のおさらいシリーズ」(≧∀≦)

 

 

前回のブログはコレ↓

縮毛矯正とカットで「自然なストレートヘアーのショート」に。

 

 

「いかにも縮毛矯正しましたー!」

って、できるだけならないためには?

 

 

 

こんちは〜♪

ボブやショートの

短いヘアスタイルばっかり切ってる美容師(笑)

「ボブクリエーター」の

岡部ツカサですd(≧︎▽︎≦︎*d)

 

 

「自然なストレートヘアーに近づける縮毛矯正」の僕のこだわり。

 

 

前回のブログで、

自然なストレートヘアーになる縮毛矯正とカットで素敵になったMさん。

 

 

 

うんうん、

強いクセ毛であることも忘れそうな、素敵な仕上がりやね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

 

そんな、強いクセ毛の方には人気の「縮毛矯正」

 

 

僕がお客さんに縮毛矯正をする場合、

ほとんどは「リタッチ」なの。

 

 

 

縮毛矯正のリタッチ???

 

 

僕のお店で初めて縮毛矯正をするお客さんの多くは、

「縮毛矯正のリタッチ」を知らなかったり、

驚かれたりするんよね(;゚∀゚︎)

 

 

 

どんな感じかというと…

 

 

 

 

OK、時を戻そうψ(`∇´)ψ

 

 

ヘアカラーの「リタッチ」と同じように、

根元の伸びてきたクセの部分だけ薬を付けて、クセを伸ばす。

 

 

まあ…

過去の縮毛矯正でクセが伸びてる毛先を、

また薬を付けて伸ばす必要はないしね…( ̄∀ ̄)

 

 

 

「縮毛矯正したらツヤツヤサラサラになるから」

って、

毎回毛先まで縮毛矯正をしたり、

それを望む人もいるかもしれないけど、

 

 

縮毛矯正の薬の成分で一時的にサラサラになるだけで、

実際はどんどんダメージは大きくなり、

どんどん毛先が硬く不自然になり、

 

「いかにも縮毛矯正かけましたー!」って仕上がり街道まっしぐら…(T∀︎T;)

(不自然に真っ直ぐならないよう、アイロンのかけ方も大事だけどね)

 

 

 

逆に「リタッチ」をすると、

毛先のダメージを最小限に抑えることができたり、

そのおかげで毛先に変な硬さが出にくくなって、

自然なストレートヘアーに近づくってことやね♪

 

 

 

「ダメージを最小限に抑えて自然なストレートヘアーにデザインする」

そのための縮毛矯正のこだわりでもあるんですよね(^_−)−☆

 

 

 

縮毛矯正は「デリケートなメニュー」

 

 

美容師がお客さんにする技術の中で、

トップクラスのダメージ強さと言っても過言ではない「縮毛矯正」

 

 

だからこそ僕も、

できるだけダメージを抑えること、

必要ない部分には薬を付けないこと、

そこに繊細にこだわっています。

 

 

だけど僕だけがこだわれば大丈夫ってこともなく、

これから縮毛矯正をするあなた、

これからも縮毛矯正を続けていくあなたにも、

 

髪を大事に扱ったり、

お家でお手入れをすることがより大事になってきます。

 

 

 

それがあなたにとっても、僕にとっても、

素敵なヘアスタイルになる喜びにも繋がるからね(*^^*)

Facebookページでの発信、お知らせもしています
まだARCOを知らない方、ARCOを必要としてる方のためにも、 いいね👍やレビューで、あなたのご感想をいただけると大変嬉しいです!
ご協力、よろしくお願いします。






☆「Instagram」も更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩みのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)






ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




まだお会いしてない「未来のお客さん」へ・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA