縮毛矯正って、「真っ直ぐする」もの?

こんにちは!

 

 

福岡市東区 若宮にある、

 

・小さい子どもを連れて美容室に行きたい方。
・スタッフや他のお客さんが多い、大きい美容室が苦手な方。

 

のための、「貸切美容室」

 

HAIR PLAYCE  ARCO (ヘアープレイスアルコ)のパパ美容師

岡部 司 (オカベ ツカサ) です。

 

 

みなさん、「ツカサ」って呼んでくださいね〜(≧∇≦)

 

 

 

 

先日、ロングのお客さんをバッサリショートにさせていただきました(^^)

今までと違う「キレイなママさん」になりました!←先に読んでね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッキリしてステキになりました(*≧∀≦*)

 

 

もともとウネる、「クセ毛」で、

カットだけではここまでまとまらないので、

今回させてもらったのは、

 

カットと縮毛矯正。

 

 

 

 

真っ直ぐはしてないですけどね(笑)

 

 

 

 

 

っていうかそもそも、

 

 

 

 

縮毛矯正って、髪を「真っ直ぐ」にするものではないですから!!!

 

 

 

 

 

 

縮毛=縮れた髪の毛。

矯正=欠点を直す、正常な状態に変えて正す。

 

 

 

ホラ、

どこにも「真っ直ぐする」なんて書いてないでしょ?(=^▽^)σ

 

 

 

 

 

 

ヘアスタイルによって、

 

もちろん真っ直ぐな状態の方が適してる場合もありますが、

 

丸みのあるカールの方が適してる場合も、

ちょっとクセがゆる〜く残ってる方が良い場合、

伸ばさずにクセを活かした方が良い場合だってあります。

 

 

 

それはなりたいヘアスタイルによって違うわけで、

真っ直ぐ伸ばさないほうが「正常な状態」ってこともありますからね。

 

 

 

 

必ずしも、

縮毛やクセ毛が「異常」ではなく、真っ直ぐな髪が「正常」ではないんです。

 

 

 

 

 

今回のお客さんは元々ロングで縮毛矯正をしていたので、

その時は伸びてきたクセの部分を割と真っ直ぐ伸ばしていました。

 

しかし今回はショートにしたかったので、

ロングの時のように真っ直ぐ伸ばしてしまうと、

逆にまとまらないし、ショートやボブの柔らかい雰囲気にはなりません。

 

 

 

だから、

 

 

 

 

クセを伸ばすところ、丸みを付けるところ、

 

それぞれに適したアイロンを使ったり、

薬のパワーなどもそれぞれ調整し、

ショートに合わせた矯正をしたんです。

 

 

 

ついでで言うと、

元々直毛過ぎる髪質の人がショートにするときは、

「パーマ」でちょっとカールをつけるほうが良いんですよね〜(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の中での縮毛矯正のこだわりは、

 

 

クセ毛を真っ直ぐ伸ばすだけの「作業」になってはダメで、

 

なりたいヘアスタイル、お悩みに合わせて、

扱いやすく、自然な状態になるように「デザインする」

 

 

 

 

だからARCOの縮毛矯正は、

「デザインストレート」という名前で表記しています(^_−)−☆

 

 

 

 

 

※クセが特別強い場合や、特殊なクセ毛の場合は、

真っ直ぐ伸ばすしかないこともあり、そうなるとヘアスタイルを限定しないといけないこともあります。

 

 

 

 

 

 

デザインストレートで、自然なショートスタイルにイメチェンしたEさん。

 

 

 

 

しかし今日のバッサリの目的は、

スッキリしたり、イメチェンしたいだけではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレ、なーんだ???(≧∀≦)

 

 

 

 

 

 

 

続く…





☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA