2017年12月11日
  • 「トリートメント」で髪の傷みはキレイに治っていますか?治ってないですよね・・・?トリートメントの疑問、髪のお悩みのご相談は、完全マンツーマンの貸切美容室へ。まずは「MENU」をクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライヤーの使い方。〜冷風〜

子どもの頃からみなさんもお家で使っている、

 

「ドライヤー」

 

しかし、みなさんが上手に使いこなせているわけではなく、

 

「なんで冷風があるの?」

「先のノズルって要るの?」

 

って思いながら使ってる人も多いのでは…?

 

 

 

みなさんが今手にしてる「スマホ」も、

機能を上手に使いこなせているかと聞かれれば…?

 

 

 

 

 

 

本来は「髪を乾かすもの」

 

 

濡れてる状態のままだと髪も傷みますし、

夏なんかはいつまでも湿気が多くなってしまうので、

「自然乾燥」ではなく、

短時間で髪を乾かせる道具が必要。

 

それがドライヤーです😁

 

 

最近では、

 

「マイナスイオンで髪に優しい」

「トリートメントドライヤー」

 

などと宣伝しているものもありますが、

 

そんな魔法のアイテムはこの世にありません(笑)

 

あくまでドライヤーは「髪を乾かすもの」です。

 

 

 

 

 

「温風」だけで乾かすと…

 

 

 

もちろん、冷風より温風のほうが早く乾きますし、

ドライヤーの冷風だけで乾かす人はいないでしょう(笑)

 

 

 

しかし、

冷風をうまく使えば、もっと早く、快適に乾かせる場合もあります。

 

 

もともとドライヤーの冷風は、

ブローなどで形をつけた髪をキープする時に当てたりします。

 

 

 

 

 

夏の温風のドライヤーは辛いですよね😅

 

その理由は温風が暑いのもありますが、

温風だけで乾かすと、暑いせいで頭皮などから「汗」が出て、

湿気が多くなってくるから。

 

その時に冷風を頭皮や髪の毛に当て温度を下げることで、

湿気が少なくなり、もっと乾きやすい環境になります。

 

 

 

 

 

乾かしてる途中で暑くなってきたら…

 

諦めて中途半端に仕上げるのではなく、

冷風も使いながら、最後までキレイに乾かしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

続く…

 

 

 







髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU