髪の色を暗くしたい…けど、真っ暗になるのは嫌だし、ダメージも気になるし…。を解決する方法。

ヘアカラーは、

 

全部を一色に綺麗に染めないといけない!

白髪は暗めにしっかり染めないといけない!

 

 

 

…って、決まりはないからね(≧∀≦)

 

 

 


こんにちは!

ゲストの約8割はボブとショート!

「ボブクリエーター」の

岡部ツカサです( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

髪の色を暗くしたい!けどダメージはあまりさせたくない…

 

 

秋が近づくと、

ヘアスタイルをすこーし変えたくなったり、

パーマで雰囲気を変えてみたりも多いけど、

 

 

最近ちょっとずつ増えてるのが、

「髪の明るさ落ち着かせたい」「髪の色を変えたい」

という、

ヘアカラーの色や明るさのチェンジ。

 

 

 

 

なんとなく秋冬は、

温かみのある色や、明るすぎずに落ち着いた雰囲気が人気。

 

 

 

 

でも、そこで気になるのが…

 

 

毛先まで全体的にしっかり染めることでの「ダメージ」

 

 

 

もちろん、

ヘアカラーで色や明るさを変えるには、

多少なりの「ダメージ」は必ず受けます。

(傷まないってことは絶対ないからね…)

 

 

でも、

そのダメージが少しでも軽減できたら…

って想いは、

僕はもちろん、ARCOのお客さんも願ってることだったりします。

 

 

 

 

そんな方に僕がオススメしてることの1つが…

 

 

 

 

根元の伸びた部分をしっかり染めながら、

毛先は銀紙で包んだ部分だけを暗めに染めたり、違う色になるように染めていく方法。

 

 

 

単純に言うと、

全体をしっかり染めてるわけではないから、

ダメージも、全体をしっかり染めるよりは軽減されます(*´꒳`*)

 

 

 

 

こうやって銀紙で包んで部分的に明るくして、

全体を立体的に見せたり明るい印象にする方法として、

「ハイライト」っていうのがあるんだけど、

 

 

今回写真を撮らせていただいたお客さんにしたのはその逆の、

「ローライト」

 

 

 

 

部分的に暗めに染めることで、

2種類の明るさと色の違うカラーが混ざって、

立体感が出てよりオシャレになるし、

 

 

 

 

部分的に染めたのに、

全体的に落ち着いて色が変化したように見えるんです!

 

 

 

 

 

 

(よーく見ると、筋状に明るい部分と暗い部分があります(*^^*))

 

 

場合によっては全体的に染めることももちろんあるんだけど、

髪質やヘアスタイルによっては、

全体的に染めて暗くすると、

重たく見えたり、印象も暗くなったり、

色が濁って見えることもあるんよね。

 

 

 

 

僕の中では、

「髪の色を暗くする」だけが目的じゃなくて、

 

その先の、

「ステキなヘアスタイル、よりステキなお客さんにする」

ってのを目指してます(^_−)−☆

 

 

 

 

それが、

お客さんがARCOでヘアカラーをする「価値」の1つです( •̀∀︎•́ )✧︎

 

 

 

 

ARCOオススメのヘアカラーの写真撮影にご協力いただいたAさん、ありがとうございました*ˊᵕˋ)੭

 

 

 

 

 

ヘアスタイル写真の撮影・掲載について
施術内容や仕上がりによって、写真の撮影・掲載をお願いすることがあります。
撮影は強制ではありませんので、苦手な方は遠慮なく断ってください。(正面以外はOK!も大歓迎です♪)
※写真は、ヘアスタイルの提案、お悩み解決の参考資料として、お客さんから許可を得て使わせていただいております。




☆「Instagram」も日々更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩み、ご予約についてのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)




24時間、いつでもどこでも利用できる、便利な「ネット予約」はこちらから。
↓↓





ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




初めてARCOにご来店される方は、こちらをご覧ください(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA