ワンカールパーマで失敗…。ボブやショートばっかり切ってる美容師 岡部ツカサが思う「失敗の原因」はズバリこれ!

 

こんにちは〜♪

ボブやショートの

短いヘアスタイルばっかり切ってる美容師(笑)

「ボブクリエーター」の

岡部ツカサでーすd(≧︎▽︎≦︎*d)

 

  ここ数年の人気の「ワンカール」について、ボブクリエーター岡部ツカサが物申す!

 

 

フワッと、毛先が内側にクルン♪

 


短いヘアスタイル、長いヘアスタイルで、

幅広く人気の「ワンカール」

 

 

毛先をワンカールにするには、

コテ(アイロン)で毛先を内側にクルンって曲げて形を付けるんだけど、

 

それ以外に、

毛先だけパーマをかけてワンカールを作る。

っていう方法が、

ネットや美容師さんのブログで紹介されてたり、雑誌で見ることがあったりします。

 

 

 

でもね…

 

 

でもね………

 

 

「ワンカールパーマをお願いしたら、かかりすぎてウェーブになった…」

「毛先が全然クリンってならない…」

「内側じゃなく、外にハネる…」

っていう、

 

 

巷で言われる、

「ワンカールパーマの失敗」

 

 

って、

まあまあ…っていうか結構多い(T∀︎T;)

 

 

今日は、

 

・ワンカールパーマで失敗されたことがある。

・ワンカールに挑戦したいけど、不安だったり、どうしたらいいかわからない。

 

って人に向けて、(そうじゃない人も読んでね(*≧∀≦*))

僕の考えをしっかり書こうと思います。

 

 

ワンカールにするのは、美容師じゃなく、「あなた」です!

 

私コテ使うの苦手だしなぁ〜

毎日コテで巻いたら傷むしぃ〜

っていうか、コテ持ってないしぃぃ〜

 

それなら、

毛先にだけパーマで「ワンカール」にしてもらえばいっかぁぁぁ〜♪

 

 

…っていう感じで「パーマでワンカール」をお願いする人が多いんじゃないかな〜?って思う。(←僕の妄想(笑))

 

 

 

「コテが使えない(持ってない)から、パーマでワンカールにしてもらう」

 

こう思ってパーマをかけてもらっても、

あなたがネットの写真で見たような、

「毛先がクルンとしたふんわりワンカール」

にはならないことが多い…(;´艸`)

 

 

もちろん、

コテで巻いて形を付けるのと、

パーマでカールを付けるのとじゃ、

カールの具合や雰囲気はどうしても違ってくるんだけど、

 

 

そこより重要なのは、

「パーマで毛先ワンカールにしてもらう

って部分。

 

 

ワンカールパーマは、

パーマがかかってる髪が濡れた状態から、

乾かす時に、乾かしながら、

「あなたがワンカールに仕上げる」ってのが大事になってきます!

 

 

詳しく書くとね、

パーマってのは、

かけ方によって多少違いはあるけど、

「乾かす前」と「乾かした後」では、

カールやウェーブの大きさや具合が変わります。

 

筒形のロッドを巻いて薬を付けてかける、いわゆる「普通のパーマ」だと、

濡れてる時はクリンクリンだけど、乾かすとそれが緩くなってフワッとなるし、

 

熱の力も使ってかける「デジタルパーマ」だと、

乾かした時の方がウェーブやカールが出てくる感じなの。

 

 

なので特に「ワンカール」の場合、

そういう特性を利用して、

乾かしながらちょうどいいカールに調整する

っていう「乾かし方」が必要なんよね。

 

 

それをせずに(教えてもらわずに)乾かしちゃうと、

思ったより強めウェーブになったり、思ったよりカールが出なかったり、外にハネたり…

ってことも大いにあります。

 

 

「ワンカールパーマ」は、

美容師がパーマをかけるだけじゃ成功しない!

 

ワンカールにスタイリングしやすいようにパーマをかけてもらって、

あなたが上手に乾かしながらワンカールを作っていく。

 

っていう方法、気持ちも必要です!

 

 

 

そもそも、ネットでよく見る「ワンカール」の多くはコテで巻いている…

 

 

ワンカールに限ったことじゃないけど、

「こんな感じでパーマをかけたいんですけど…」

って見せていただく、

ネット等で検索してくれたヘアスタイル写真の多くは、

コテで巻いてカールやウェーブにしてるものが多いです。

 

 

正直、

コテやブラシを使って毛先をワンカールにして仕上げた方が「写真映え」はするしね〜( ̄∀ ̄)

 

 

 

まあでも、

素敵なヘアスタイルにするためにコテやブラシでブローすることは場合によっては必要だから、

それはそれで僕は良いと思うんだけど、

 

 

「コテがなくても決まる!」ってフレーズの下に思いっきりコテでワンカールにした写真があったり(≧∀≦)

 

「パーマ」って書いてるけど、僕から見たら仕上げにコテで巻いただろ?って写真もあって(≧∀≦)

 

 

良い意味でも悪い意味でも、

「パーマとコテの違い」が分かり辛くなってる(^_^;)

 

 

 

だからこそ僕たち理美容師も、

その違いをキチンと伝えたり、

パーマをかけることを勧める場合と、コテで巻くことを勧める場合と、

その判断はしっかりできないといけないな〜って思います。

 

 

「毛先ワンカール」で失敗しないために…

 

 

さて、

少々毒を吐きながらワンカールについてお話しましたが(笑)

 

 

この長いお話をまとめると、

「ワンカール」は、

 

「乾かし方やスタイリングにコツが要ったり、パーマだけでは理想の仕上がりにならない可能性もある方法」

 

っていうものなんです。

 

 

 

でもね、

そのことを知っておくだけでも、

失敗や、悲しい思いをすることが少なくなるんじゃないかと思うんです。

 

決して「ワンカールを勧めない」ってわけじゃなくてね。

 

 

 

 

コテでワンカールに仕上げるのも、

毛先にワンカールパーマをかけてもらって、乾かし方やスタイリングで仕上げるのも、

 

「あなたやあなたのヘアスタイルが素敵になる方法」

 

であることには変わりはないよね(*´꒳`*)

 

 

 

どちらの方法がいいかは、

ヘアスタイルや人によって様々ですので、

 

美容師(僕)に聞いてね(^_−)−☆

Facebookページでの発信、お知らせもしています
まだARCOを知らない方、ARCOを必要としてる方のためにも、 いいね👍やレビューで、あなたのご感想をいただけると大変嬉しいです!
ご協力、よろしくお願いします。






☆「Instagram」も更新中 ☆

詳細は、写真をクリックしてね♪♪

↓↓↓



 

髪のお悩みのご相談は、「HAIR PLAYCE ARCO LINE@公式アカウント」から受け付けております。

「トーク」でお気軽にお問い合わせください!

友だち追加数
↑ポチッと押してください(^^)






ARCOまでの道案内は、こちらをご覧ください。




メニュー・料金については・・・




まだお会いしてない「未来のお客さん」へ・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA