今更聞けない「ヘアオイルってどうやって使うの?」乾かす前?乾かした後?徹底解説!

こんちはー!

ボブやショートなどの短いヘアスタイルのカットが大好きな美容師、

岡部ツカサです!

 

 

 

お家で自分の髪をお手入れする時に、

「ヘアオイル」を使ってる方、結構多いんじゃないでしょうか?

 

 

アルコでも、初めてご来店してくれたお客さんに普段のお手入れ方法について聞くと、

「乾かす前にヘアオイル使ってます!」

と言われる方も多くて、

 

一般的にも「ヘアケアと言えばヘアオイル」みたいなイメージがあったり、

「ヘアスタイルつけときゃ大丈夫!」みたいな安心感もあるっぽい(≧∀≦)

 

 

そんな、ヘアケアのマストアイテム的存在の「ヘアオイル」ですが、

多くの方が使うタイミングや使い方を間違っていたり、

大きな期待をしすぎてしまったりと、

ま〜いろいろと「間違った認識」があるのも事実(T∀︎T;)

 

 

 

・ヘアオイルってどのタイミングでどう使ったらいいの?

・ヘアオイルを付けるとどんないいことがあるの?

 

いまさら聞けないけど実は聞きたいと思いますので 笑

いろいろお話します(。-∀︎-)ニヒ♪︎

 

 

 

ヘアオイルは「油」です…。

 

 

まずあれこれお話する前にお伝えしたいのが、

ヘアオイルって「油」なんです…(○︎´艸`)

 

 

そう、

料理で使ったりする油や、車のエンジンの動きを滑らかするオイルと同じ仲間なんです。

 

 

だから決して、

油を髪に付けて栄養が入って髪が良くなることもないし、

油を髪に付けて傷んだ部分が修復することもありません。

 

むしろ髪にとっては「異物」であり、場合によっては邪魔な存在にもなります( ̄▽ ̄)

 

 

…という感じで、所詮「油」なのですが、

髪につけることによって「人間にとっては都合のいいこと」があるんですよね。

 

 

「ツヤ」と「指通り」

 

ヘアオイルがもたらす、「人間にとって都合の良いこと」とは、

 

・髪にツヤを出して、髪やヘアスタイルや自分自身を可愛くキレイに若々しく見せてくれたり、傷んでる毛先をキレイに感じさせてくれる。

・髪の毛の表面をしっかりコーティングして、指通りを良くしてくれたり、引っ掛かりにくくしてくれたり、まとまりやすくしてくれる。

 

という主に2つのことをしてくれます。

 

逆に言えば、

ヘアオイルがしてくれるのって意外とこんなもん(○︎´艸`)

 

 

よく、

「ヘアスタイルを付けると髪が潤う」と思ってたり、そう言ってる美容師さんもいたりするんですが、

髪が「潤う」ためには「水分」が必要で、

ヘアオイルはその水分が必要以上に蒸発しないように「保湿」する物であって、髪を潤すことは実はできないんです(;゚∀゚︎)

 

ツヤが出たり指通りが滑らかになって、まるで髪が潤ったように感じるだけだったりします(≧∀≦)

 

だから、

傷んで髪の水分が必要以上に蒸発してしまってパサついて乾燥してる状態の髪にオイルを付けても、

表面だけがツヤッツヤのツルンツルンになるだけで、内部はカラッカラで非常に良くない状態。

 

お顔と同じように、

ヘアオイル(ファンデーション)を付ける前に、キチンと髪の内部が程よく潤ってる(化粧水と乳液で水分等のバランスがいい感じになってる状態)にしてあげると良いですね!

※ヘアオイルによっては内部のバランスを整えるものもあったりしますが、ヘアミストやアウトバストリートメントなどがオススメです。

 

 

ヘアオイルって実は「2種類」ある!?

 

 

ヘアオイルの使い方についてネットで調べてみたり、美容師さんに聞いてみたりすると、

「乾かす前に付ける」という使い方と、「乾かした後に付ける」という使い方があるみたい…( ̄▽ ̄)

 

 

だから「いつどのタイミングでつけたらいいの?」って迷っちゃうと思うんですが、

実はヘアオイルって、大きく分けて「2種類」あって、

その種類によって、

「乾かす前(正確には乾かしてる途中)」に付けたほうがいいか、

「乾かした後」に付けたほうがいいか、

変わってくるんです*ˊᵕˋ)੭

 

 

 

簡単に言うと、

乾かす前(途中)に付けるヘアオイルは「トリートメントオイル」って言われてたりして、

「アウトバス(洗い流さない)トリートメント」と同じように、

乾かす途中に付けて乾かしていくと、髪のコンディションが整って、サラサラで扱いやすくなります。

(オーガニックノート トリートメントオイル)

 

 

乾かした後に付けるヘアオイルは「スタイリングオイル」って言われてて、

コレは文字通り、スタイリングの時に使ってより素敵なヘアスタイルに仕上げていくオイルです。

(trackオイル)

 

 

だから、

今流行りのオイルでスタイリングしてツヤツヤした感じや「濡れ感」を出したいのに、トリートメントオイルを使ってたら物足りないだろうし、

逆にスタイリングオイルを乾かす途中にスタイリングオイルを使ってたら、なかなか乾かないしベタベタします。

 

 

「乾かす前にヘアオイルを付けたら全然乾かなくなった」って、ヘアオイルを使うのが嫌いになったり、他のヘアオイルを探す人もいたりするんだけど、

実はもしかしたら、「付けるヘアオイルの種類を間違えてた」ってことが原因だったのかも?

 

 

僕のオススメは「ヘアスタイルは使わない」!?

 

 

「髪をお手入れするのに、とりあえずヘアオイルを使ってる」って人もいたりするんだけど、

一概に「ヘアオイル」と言ってもいろんな特徴や種類や使い方がありますし、

実はヘアオイルが必要ない人もいて、「ヘアオイルを使っとけば良い」とは必ずしも言えないんですよね。

 

 

そういうこともあって僕は、

アルコのお客さんに「髪を乾かす途中にヘアオイルを付ける」ことはあんまりオススメしてないんです(*≧∀≦*)

 

ヘアオイルを使ってもらうにしても「使い方や使う量」をしっかりお伝えし、気をつけて使ってもらってます。

 

 

 

 

乾かす途中に何か付けて髪のコンディションを整えてサラサラにしたいんなら、

 

オイルじゃなくて「洗い流さないトリートメント」(ヤクジョ潤髪トリートメント)の方がシンプルで使いやすいです♪

 

 

 

ヘアオイルでは補えない部分をヘアミスト(ドゥーエスヘアミスト)を使ったり、

さらには、

洗い流さないトリートメント(ドゥーエスアウトバストリートメント)とヘアオイル(ドゥーエスオイル)を混ぜ合わせて使えるものを使うのも良いと思います。

 

 

 

 

髪のお手入れの基本はやはり、

シャンプーやトリートメントです!

 

もちろんそれの選び方や使い方も大事ですが、

そこにプラスアルファとして使う「ヘアミスト」「洗い流さないトリートメント」「ヘアオイル」の選び方や使い方も大事です!

 

 

アルコではお客さんの髪をキレイにしながら、

お家でのお手入れの提案や、

今使ってるものがあってるか?ベストなものはどれか?というお話もしっかりさせてもらってます(^_−)−☆

 

 

詳しく聞きたい方、迷ってる方は、

ぜひお問い合わせ下さいね。